(1)実行委員長からのご挨拶

実行委員長からのご挨拶

盛夏の候、皆様にはますますご健勝のほどとお喜び申し上げます。
おかげさまで今年も三河湾チャリティー100km歩け歩け大会の開催を皆様にご案内させて頂ける運びとなりました。これもこれまで参加、ご協力頂き、盛り上げて頂いた皆様のお陰と深く感謝致します。
七福醸造(株)の社員教育の一環として始まったこの大会も今年で21回を重ねることとなります。社員約60名の参加から始まったこの大会も近年では1500名が参加され、チャリティーとしての役割も大きくなってまいりました。昨年の20回大会では約600万円の寄付をすることができました。(※寄付金送付先等は参加者の皆様に昨年11月に送付済み)。
チャリティー大会として開催することができるのも、大会の趣旨にご賛同頂いた皆様のお陰と改めて感謝申し上げます。

 

この大会の趣旨は「“歩け歩け”と自分を鼓舞し、100kmを歩く中でいかに多くの感動・感激・感謝を味わうことができるか」です。
タイムや順位を競ったりするのではなく、極限の状況下でしか気付くことのできない“何か”を得るための大会ということで行なってまいりました。この大会で何かを感じられ、ご家族、お友達、会社の方と再度参加される方も数多くみえ、嬉しいことに各地で同様の大会も行なわれるようになり感動・感激・感謝の輪が広がっています。

 

七福醸造(株)の社員は、自主的にスタッフ登録をして、数ヶ月前からの準備、コースの草刈り等を行い、大会当日の運営はもちろん、大会後の備品などの片付け、更には社員全員で反省会を開き、次大会への改善を進めております。反面、まだまだスタッフの人数が足りておりません。歩者・スタッフの両方を経験することで更に深い気づきがあると確信しております。是非、この大会を経験された方はサポートスタッフへの登録をおすすめします。ご希望の方は是非お問い合わせ下さい。
尚、七福醸造の社員は大会中オレンジのジャンバーを着て参加者のサポートをさせて頂いておりますので、お気軽にお声掛け下さい。

 

スタッフ一同、参加される皆様と笑顔でお会いできることを、心より楽しみにさせて頂きます。

平成28年7月吉日
第21回三河湾チャリティー100km歩け歩け大会
大会実行委員長
 犬塚元裕